【TCN光】戸建住宅のご新築・ご改築のケーブルテレビ導入のご案内        

 
荒川区でも【TCN光】戸建住宅用のサービスが開始されました。
東京ケーブルネットワークのサービスエリア内でご新築を検討されているお客様は、ケーブルテレビ光仕様での設計・施工をお薦めいたします。
 ※ご利用にあたり、初期費用・月額利用料がかかります。事前にご確認ください。 
 

ケーブルテレビ【TCN光】のお薦め仕様

電源・分配器・増幅器等を設置する点検口及び通信用情報集中BOX等は、天井以外の見やすい場所への設置をお薦め致します。(玄関内内壁、クローゼット内壁面、廊下壁面、書棚の一部など)
   
点検口と通信用情報集中BOXは一つになったものが理想的です。
V-ONUのほか、インターネット用の機器D-ONUほか電話機器HGW(ホームゲートウェイ)を収納することもございますので、広めのスペースをご用意願います。
   
点検口及び情報集中BOX内の電源は2口以上の多めのものをご用意願います。
   
点検口内の分配器in側に繋がる引込線(S5C−FB)を点検口内に収納願います。
建物外側面に管路(呼び線入り)をご用意ください。
テレビ用、通信用の光ファイバーを点検口及び通信用情報集中BOX内まで引込みいたします。
   
通信用情報集中BOXから各部屋の端子位置まで、管路(呼び線入り)をご用意ください。
(通信用に使用いたします。管路内へ呼び線をご用意願います。)
   
   
 ※  空配管ではなく、LANケーブルを屋内配線される場合は【規格:1000BASE-Tに対応した「カテゴリ5e」以上】のLANケーブルを推奨しております。
なお、フラットタイプ(隙間やカーペットの下に配線するときに便利な薄型ケーブル)は、通信エラーが出ることがありますので、お薦めはできません。
  ネットワーク機能内蔵のテレビが主流となりますので、テレビユニット近くにLAN配線を施行されることをお薦め致します。 
 
使用機器
分配器、テレビ端子は衛星放送対応型機器で、F型コネクタ式接線のものをご使用下さい。  
プラスティックパックのものは、ご使用にならないで下さい。飛び込み障害の原因となります。   
   
  ケーブル 
   建物共聴用ケーブルは、S5C−FB以上のものをご使用ください。
(5C-FV、5C-2V、3C-2V等は利用できません。)
  スター配線(分配端子1:壁面端子1の並列配線)にして下さい。送り配線にはしないで下さい。
   
  ブースター(電波を増幅させる機器・増幅器)
  一般的な戸建住宅の光導入の場合にはブースターの設置は必要ないと思われますが、電波のレベルが弱い場合など、必要に応じて当社で双方向型CATV対応ブースターの取付けを行います。
(別途費用がかかります。)

 工事範囲
施行会社: 建物内設備 
   
 東京ケーブルネットワーク梶F 引込工事
VONU(光放送端末)の設置
DONU(光通信端末)の設置
 
 
責任分界点
 
  放送加入の場合VONU(光放送端末)のOUT側までを東京ケーブルネットワーク鰍フ責任分界点と致します。それ以降を施行会社様の責任分界点と致します。 
  インターネット、電話加入の場合、DONU(光通信端末)のOUT側までを東京ケーブルネットワーク鰍フ責任分界点と致します。それ以降を施行会社様の責任分界点と致します。 
 
 
お問い合わせ
 
 詳しいパンフレット・資料等のお申込み、お見積り(無料)・打ち合わせ等承ります。 
 
 荒川ケーブルテレビ株式会社
 荒川区東尾久2−16−4 
 03-3894-3888(営業代表) 
 03-3894-3885(ケーブルプラス電話) 
 03-3819-8715(FAX)