本文へスキップ

地域の力で明化小学校を応援しましょう!

明化小学校地域支援本部規約Agreemen

(名称)
第1条 この組織は、「明化小学校支援地域本部」(以下、「本部」という。)と称する。
(目的)
第2条 本部は、文京区立明化小学校(以下、「明化小学校」という。)の教育活動の充実・発展のために、また、明化小学校周辺地域との協力体制の構築のために必要な事業を行うものとする。
(活動内容)
第3条 本部は、この規約に基づき以下の活動を行う。
一 学校の求めに応じた、当該学校の児童を対象とした教育支援活動
二 本部が企画、立案する当該学校の児童を対象とした教育支援活動及び地域支援活動で、学校長の承認の下に当該学校で行うもの。
(活動場所)
第4条 本部の活動業務のため、明化小学校の中に事務局を置く。
(組織)
第5条 本部は、明化小学校教職員、PTA、学校の周辺住民、その他学校を支えようとする者(以下、「学校支援ボランティア」という。)により構成する。
(地域教育協議会の設置)
第6条 本部に明化小学校地域教育協議会を設置し、次の事項を所掌する。
一 本部の運営に関すること
二 本部の活動計画に関すること
三 本部の活動の進捗管理に関すること
四 本部の活動の成果・課題の検討
五 その他本部の活動に関して必要なこと
(地域教育協議会の組織)
第7条 明化小学校地域教育協議会は、学校長の指定による委員により構成する。
(地域教育協議会委員の任期)
第8条 委員の任期は1年とし、再任を妨げない。転居あるいは健康上の理由、家庭における諸事情等により任務の遂行が困難になった場合は、その職務を辞することができる。
(地域コーディネーターの指定)
第9条 本部に、地域コーディネーターを配置する。地域コーディネーターは学校に対する理解と教育に熱意のある方の中から、学校長が指定する。
(地域コーディネーターの解任)
第10条 学校長は地域コーディネーターに教育活動の妨げとなる逸脱した行為が認められた場合、解任することができる。
(地域コーディネーターの役割)
第11条 地域コーディネーターは、学校の教育指導方針にそった支援のために学校支援ボランティア等に必要な連絡・調整を行う。また、その他の役割は次のとおりとする。
一 学校支援ボランティア及びその他学校を支援する人材情報の収集、整理
二 本部運営の支援(事務局)
三 本部の広報に関すること
四 本部の物品調達に関すること
五 地域コーディネーター活動記録の作成、報告
六 研修会の参加
(地域コーディネーターの任期)
第12条 委員の任期は1年とし、再任を妨げない。転居あるいは健康上の理由、家庭における諸事情等により任務の遂行が困難になった場合は、その職務を辞することができる。
(地域教育協議会の召集)
第13条 地域教育協議会は、学校長または地域コーディネーターが招集する。
(学校支援ボランティア)
第14条 学校支援活動は、明化小学校支援ボランティアを募り行う。
一 明化小学校支援ボランティアは広く地域より募り構成する。
二 ボランティア活動を行う者は明化小学校支援ボランティア登録しなければならない。
(本部の設備・備品等)
第15条 本部の設備・備品等は、本部本来の業務に使用し、本来目的以外の使用は一切行わない。
(賠償責任)
第16条 本部は、故意または過失により明化小学校の施設・設備に損害を与えた時は、その損害を賠償しなければならない。
(保険)
第17条 本部の活動に従事する者は、事故等に備え保険に加入するものとする。
(守秘義務)
第18条 本部を構成する者は、職務遂行上知りえた学校または個人情報等を適切に管理し、他に漏らしてはならない。
(検証と評価)
第19条 本部は、年度末には第三者を交えた検証の場を設け、本部が適正、適切かつ有効に運営されているかを評価する。評価の結果は地域教育協議会において以後の本部の活動計画に活かすこととする。
(委任)
第20条 この規約に定めるもののほか、本部に必要な事項は学校長が別に定める。
(会則改正)
第21条 明化小学校支援地域本部の会則は、地域教育協議会において2/3以上の賛成により改正することができる。
この規約は、平成23年6月1日より施行する。

Contact

明化小学校支援地域本部

〒112-0011
東京都文京区千石1-13-9
明化小学校内
TEL.080-4001-8024
(チーフコーディネーター
 長谷川 陽一)

FAX.03-5978-6192
E-mail:meika-shien-honbu@tcn-catv.ne.jp