御遷座400年記念大祭

三河稲荷神社関係資料から

東照宮様御願円満稲荷社  (三河国碧海郡上野稲荷山隣松寺略縁起
                                  大磯義雄先生 読み下し文より)

抑も当山鎮守の稲荷大明神は、弘法大師一刀三礼の神像なり。

 元当山も淳和天皇御宇、当国鎮護のため開基ある所なれば、万民豊楽五穀成就の為、此の神像を洛陽より移し、寺内に安置し、所願円満の像と名付けしより今に至り当山の山号となす事、その久敷事千年に及びぬ。

 されば東照宮様にも神徳を仰がせられ、一向宗一揆にも、先此神前に御祈願を籠めさせられし所、直に御利運及びしかば、偏に神徳のいちじるしく、二世の大願たのみありと、御自像をも此社の内に御相殿と仰せ出され、猶追って御造営あらせらるべき旨にて、先当座の神供と百石の地を賜りしに、追追御事しげく、御忘れさせられにしや。

遊歴雑記」一八一二〜一八一八 「本郷元町  清光院内の三河稲荷」より

東部本郷元町清光院(浄土)は鎮西派にして等正・広安の両寺に隣る。門に嶺松山といえる額を掲たり、即華頂知恩院大僧正順真(麗誉)書としるせり。

 当時の本堂の前左側に三河稲荷といふあり、世俗奴僕稲荷ともいえり、拝殿は三間四方に作り小社をば九尺四方の土台に作れり、花表・手水鉢・燈籠など最物寂たり。敢て拝殿の格子戸より覗き見れば矢を背負る両大臣左右にあり、釣下たる神燈一基諸の神具、就中若干の絵馬は拝殿の柱より一面に打付けたるは霊験著明きやらん、即正一位三河稲荷大明神と号す。

 伝えいふ、むかし神祖御入国の砌公の聖徳を慕い奉り、猶も御武運を守らんとて遥々の三河の国より付添まいらせ、奴僕に身をやつし御小人・御中間の中に打交り御同勢の中に囲れ江戸へ下りし狐なるが故に、三河いなりとも奴僕稲荷ともいふ。

然るに御小人の徒へは本郷元町界隈に於て一円居屋敷を割わたし賜はりしかば、彼狐も右等の人々に相馴て名染し程に、同処に住たきよし人に託して願ひければ、即何某が地面に小社を作り崇め置しが、市中度々の火災あり、且は拝領地面おのおの広からねば、いつの頃よりか清光院の境内へ移したりとなん。

 しかしより以来霊験著明しく火災ある事を告、病難・災害・吉凶等を教る儘に、其名自然と遠近に聞伝えて諸人歩みを運び、本社・拝殿に至るまで今の姿とは成しとかや、花表の本に碑を建て、さくら狩きとくや日々に五里六里といふはせをの翁の句を鍜付たりしは何の故とも弁(ワキマヘ)がたし。去ば、此稲荷は初よりかヽる因縁あれば生国を以神号をし崇る事凡弐百有余年さもあらんけ、何の故もなき小社を作り人ぞよめき訳もなく稲荷の神号を付て祭れるもの多し、恥べく笑うべし。

本郷区史(昭和十二年)  第二編 本郷区通史   第八章「徳川時代の本郷」より

斯くて関東太守に封じられたる徳川家康は小田原を発足し、途中三日を費やして、天正十八年八月朔日、旗皷堂々初めて江戸に入城した。世に之を関東後入国、又江戸御打入とも称する。我が本郷の三河稲荷は此の時家康を影護し来れる白狐を吹上に祀ったものと伝えられる。(中略)

 三河稲荷は家康入国の際影護の白狐を吹上に祀りしもので、後慶長十一年之を昌清寺の境内に移すというて居るが、昌清寺の寺地を湯島に得たるは元和元年のことであれば、此の時三河稲荷は昌清寺の境内に編入されて、自ら同寺の鎮守社とせられるヽに至ったのであろう。(中略)

 壱岐坂は御弓町へのぼる坂なり、彦坂壱岐守屋敷ありしゆえの名なりといふ、案に元和年中の本郷の岡を見るに、此坂の右の方に小笠原壱岐守屋敷ありて吉祥寺に隣れり、おそらくは此小笠原よりおこりたる名なるべし。

新撰東京名所図会 第四十九編」 (東陽堂発行 明治四十年) 「三河稲荷神社」より

無格社三河稲荷神社は、本郷元町二丁目六十番地に鎮座す、祭神は宇迦魂命なり、浄土宗昌清寺元と之が別当たり。

 新編江戸誌(三)に云、正一位三河稲荷社、社伝云、抑当社は其もと三河碧海郡上野庄 稲荷山隣松寺の鎮守なり、神祖三州御在城の時、御陣場の守護神なり。

 依之御開運の後、神領三十石、山林境内に相添て御寄附、其外御太刀御兜等奉納あり天正年中御入国の時、御譜代御仲間の面々神託を蒙りて氏神となし、組屋敷の内に社を造営す、其後駿河台へ所を移され慶長十一丙午年当寺境内に移し、組中の氏神と尊敬し奉る。

 霊験言葉に尽し難し、享保十六年辛亥二月中氏子中志をつくし、正一位に叙位し給ふなり、寛永二酉年七月十九日の類焼に、縁起等消失すとなり。

 慶長以来、町内の鎮守として、昌清寺中(今の二丁目十五番地)に祭祀しありしを、明治二年神仏混淆の禁令に遇い、昌清寺と分離して、別に同町二丁目三番地に遷座し、約二百坪の地を以て其の社地と定めたり。

 明治二十六年同所が本郷給水工場敷地として使用せらるヽに及び、民家と共に取払はれ、同年方今の地に転ず、本社拝殿並びに神楽殿の再営あり。

 広前の狛犬(天明年号)、漱石盤(嘉永年号)を移置し、五月花崗石の鳥居を建て、翌年石燈籠一対寄進あり、境内の設備漸く整う、三十三年六月有志醵金して前面に鉄の玉垣を造る。氏子は元と一丁目二丁目を通じて元町全部之に加はり居りしも、其後湯島神社に属し、今や二丁目に限らる。

 大祭は毎年六月一日二日の両日なり、根津神社の受持にして、社掌は横山全和といへり、十三代継承すと。

「本郷いまむかし」 (飯塚文治郎著・昭和五十三年)    「三河神社」より

 本郷三丁目をお茶の水に向って右側一つ目の横丁を俗に大横丁という。ここの土地は慶長年間西丸坊主吉野久円の拝領地の町並屋敷であった。

  ここは、女官、絵師、医師、能役者等に町地として給したのであるが、この町地を商人に貸してその賃貸を収めさせて、それによって生計を立てておった。

  この大横丁を俗に三、九さまといって最近まで夜店などが開かれて賑かな所で、特にこの土地の大部分が戦火に逃れた処で、三河神社を中心にした土地発展策のためでもあろう。

  ここの通りを左に這入った処に三河神社がある。昔は三河稲荷社と呼んでおった。祭神は宇迦之魂命である


三河稲荷神社ホーム