勝運・必勝祈願


 徳川家康公は、永禄6年(1563)から翌7年にかけての戦の折、
隣松寺を本陣として寺内の稲荷明神に勝利を祈願しました。
 家康公の江戸入国とともに吹上に奉遷された後、本郷に奉遷され
たのが三河稲荷神社です。
 この像は、その戦勝記念として隣松寺に安置されました家康公
24歳の彫像です。
 (三河稲荷神社400年祭記念として、隣松寺のご住職さんから
写真が寄贈されました。)
 

 

志望校への合格、試合での勝利、
心願の成就、事業の発展などの
必勝を
神棚に「必勝祈願」の木札の奉祭と
神社に「必勝祈願」の絵馬の奉納、
そして、身体に「勝守」を身につけて
御祈願しましょう

 

 

 

三河稲荷神社ホーム