由 緒



当社が三州碧海郡上野庄(現在の愛知県)稲荷山に鎮座していたとき、戦をしていた徳川家康公は、稲荷山 迎接院隣松寺 に陣を構えるとともに、当社に先勝祈願をして勝利を得ることができました。


  しばしばの奇瑞によって神徳を感じ、海運の後、神領30石と境内山林を寄進されました。その後、天正18年(1590年)の江戸入国に際して、社を吹上に造営奉遷されました。

 
  慶長11年(1606年)仲間が拝領の大縄地に移住したとき大縄地の氏神として奉遷されました。元禄7年(1694年)に町地になると本郷元町と改称され、一丁目と二丁目の氏神として鎮座しました。


 慶長以来、町内の鎮守として浄土宗 昌清寺 内にて祭祀していましたが、明治2年の神仏混淆の禁令によって昌清寺と分離し、元町二丁目三番地に遷座しました。


 その後、明治26年3月に本郷給水所が設置されることになり、現在に地に遷座されました。大正12年9月の関東大震災によって全焼しましたが、氏子崇敬者の方々の篤い御寄進によって、大正13年6月に本殿・拝殿・神楽殿・社務所が完成しました。 



三河稲荷神社ホーム