トピックス



            「駄菓子問屋街」が歴史の幕を閉じましたが、復活しました。
            別途作成
            日暮里(ひぐらしの里)が地域再開発で変ります。
            荒川区のコミュニティバス「さくら」が運行開始しました。
            荒川区は、小中学生向けの広報誌「あらかわ区報jr.」を創刊しました。


その他の情報へ戻る




 「駄菓子問屋街」が歴史の幕を閉じましたが、復活しました。


日暮里駅前の「駄菓子問屋街」が、新交通開通に向けた地域再開発のため、その歴史の幕を閉じました。
戦後からずーっと長い間、みんなに親しまれてきた日暮里の顔が消えてしまったことは、寂しい限りです。
いつまでも懐かしい思い出として、頭の片隅に残ることでしょう。

朗報として、再開発後のビルの中で、2件の駄菓子問屋が復活
しました。駅前のガーデンタワーの1階と2階で開店したのです。


下の写真は、平成16年の10月頃まで元気な顔を見せていた「駄菓子問屋街」です。

   
   


嬉しいお知らせです。
日暮里駅前に完成した高層ビル「ステーション ガーデン タワー」内に2件の駄菓子屋さんが開店しました。


ビルの1階西側に開店した村山商店です。



ビルの2階に開店した「大屋商店」です。

開店したのが2件だけなので、問屋街
とは言えないかも知れませんが、
駄菓子屋さんの復活は嬉しい限りです。

店内は、開店を知ったお客さんで
賑わっていました。

日暮里に行ったらぜひ立ち寄って下さい



                                                   ページTOPへ




 別途作成




 日暮里(ひぐらしの里)が地域再開発で変ります。
(荒川区報に発表された再開発情報を基に作成したものです。)


日暮里駅周辺は新交通システム及び成田新高速鉄道
の開通に向けて、地域再開発工事の真っ最中です。  
 
駅の周辺は、3つの再開発地域に分けて工事しています。


3つの地域に建築されるビルのイメージ図です。
ひぐらしの里北地区
再開発ビル
ひぐらしの里中央地区
再開発ビル
ひぐらしの里西地区
再開発ビル

各ビルの下層は商業、上層は居住空間になります。
中央地区のビルには、駄菓子問屋街の店のうちの
4〜5件が移転して営業する予定になっています。


日暮里駅前広場の変遷です。
(駅の高台側から撮影したもの)
昭和39年
昭和59年
平成16年
平成17年

再開発
工事中

現在、京成電鉄のスカイライナーで51分掛かっている日暮里ー新東京国際空港間が、
平成22年度開通予定の成田新高速鉄道により、36分で結ばれるようになります。  

新交通の日暮里ー舎人線(仮称)と成田新高速鉄道の開通に向けて、
都心側ターミナル駅を目指して、日暮里駅も大改造が行われます。 

皆さん! 大変貌する「ひぐらしの里」日暮里に注目してください。!

                          ページTOPへ




 荒川区のコミュニティバス「さくら」が運行開始しました。
(荒川区報に発表されたコミュニティバスの情報を元に作成したものです。)


台東区では「めぐりん」がすでに運行していますが、
荒川区にコミュニティバス「さくら」が誕生しました。



荒川区ではコミュニティバスの愛称名を公募していましたが、「さくら」に決定しました。

さくら」は、南千住駅から約6キロの循環コースを結ぶ、コミュニティバスです。

運行開始日
 平成17年4月20日運行開始

コース
 南千住駅南千住図書館荒川ふるさと文化館

 京成町屋駅荒川区役所荒川総合スポーツセンター

 などを結ぶ循環バスです。

 (運行距離 約6キロ、 停留所 15ヶ所)

 
運行時間
 午前6時40分〜午後9時15分(南千住駅発)

 (運行間隔は、15分程度)

運   賃
 150円(小学生以下は80円)

 東京都シルバーパス、バス共通カードを使用できます。

運行事業者
 京成バス株式会社

使用車両
 ノンスッテプ小型バス  愛称名「さくら」  19人乗り 



コミュニティ循環バス「さくら


みんなで応援して、人気のバスにしたいものです。

                                    ページTOPへ




 荒川区は、小中学生向けの広報誌「あらかわ区報jr.」を創刊しました。

荒川区の子供たちに、もっと地元のことを知り、愛着を持ってもらうため、
小中学生向け広報誌「あらかわ区報jr.」を7月15日に創刊しました。

区内の小中学校、区役所、図書館などを通じて配布します。
部数は一万八千部。タブロイド版でカラー刷り4ページです。

創刊号では、荒川の地名の由来や区章のことなどを掲載して
「君も荒川博士になろう!」という題で、巻頭特集しています。

今後、二ヶ月に一度のペースで発行される予定になっています。



私もさっそく区役所へ行き、創刊号を読みました。
大人が読んでもたいへん面白い内容でした。

次の発行が楽しみです。なお、掲載して欲しい記事や、
意見などについては、広報課が窓口になっています。


                                    ページTOPへ



「その他の情報」へ戻る